研修活用事例紹介へもどる

管理職のための戦略的ICT活用研修 事例5

ワークショップ

「学校におけるICT活用のための管理職研修」

主催 日本教育工学協会(JAET)および 荒川区教育委員会
日時 平成21年12月9日(水) 午前11時10分~午後0時5分
場所 荒川区教育センター
講師 南部昌敏(上越教育大学教授)
対象 荒川区立小中学校の管理職
参加 荒川区立小中学校校長、幼稚園長 36名

11:10 ~ 11:33 (23min)

イントロダクション

趣旨説明
配布資料1_パンフレットに基づき、以下の項目について説明
  • 管理職のための戦略的ICT活用研修の目的、ねらい
  • ICT活用に向けた管理職のとるべきアクションについて
 
アクションチェックシートの記入(導入の活動)
  • チェック項目に基づき、自校の状況を確認
  • チェックリストの結果について、隣同士で共有・意見交換

管理職のための戦略的ICTコンテンツ総論(映像)をみる


ワークショップ

11:35 ~ 11:45 (10min)

導入の説明

教育の情報化に関する手引き【概要図】を用いて、「教育の情報化」の全体像と
アクションについて説明
モデル事例として区内の尾久第六小学校のICTを活用した学校経営デザイン
(マニュフェスト)を同校の校長が紹介。


11:35 ~ 11:45 (10min)

個人作業

教育の情報化に関する手引き【概要図】、尾久第六小学校のICTを活用した学校経営デザイン(マニュフェスト)を参考として、自校のICTを活用した学校経営デザイン(マニュフェスト)について考える。
テーマは以下の通り。
  • 本年度、今から取り組める具体的な実践
  • 次年度の目標として取り組む項目と具体的な実践


  • 11:45 ~ 11:50 (5min)

    自由討議

    考えたICTを活用した学校経営デザイン(マニュフェスト)について、隣同士で共有、
    意見交換を行う。


    11:50 ~ 12:00 (10min)

    発表

    A小学校の校長先生が実践可能な具体策を例示
    講師より、学習環境整備のアイデアとしてコンテンツ(フラッシュ教材)を紹介
    B中学校の校長先生が実践可能な具体策を例示
    生徒の授業での活用や先生(同士)での校務での活用など。



    まとめと今後の課題

    12:00 ~ 12:05 (5min)

    まとめ

    講師による研修のまとめ
  • 何を、どのような道具(ICT)で伝え・共有していくのか、子ども達の学び合いの新しい
        形としてICTを活用して欲しい。
  • 地域の人々や専門家に授業運営に参加してもらう機会を拡大するツールとしてICTを
        活用して欲しい。
  • 学校経営や授業運営にICTを活用し、教育の情報化を進めることで、先生方の業務の
        支援、結果としてそれが子ども達の学力向上に繋がる。





  • ページの先頭へ戻る