研修活用事例紹介へもどる

管理職のための戦略的ICT活用研修 事例8B

ワークショップ

「学校におけるICT活用のための管理職研修」

主催 日本教育工学協会(JAET)および 久留米市教育センター
日時 平成22年1月12日(火) 午前13時45分~午後17時
場所 久留米市教育センター 2階研修室
講師 山西潤一(富山大学教授)
対象 久留米市立小学校の管理職
参加 久留米市立小学校の校長、教頭 32名

13:45 ~ 14:06 (21min)

イントロダクション

挨拶(久留米市教育センター 井上所長)
教育センター井上所長からご挨拶。
講師紹介
久留米市教育センター様より山西教授のご紹介
JAETの組織概要の説明(山西教授)
 
本研修プログラムの概要説明(山西教授)
  • 今年は全国12か所500名程度の管理職の先生方に受講頂いている
  • JSLICTのサイト紹介
  • 本日の研修の進め方に関する説明
  • 今日の研修はグループ討論やディスカッションを中心とする。知識を詰め込む研修ではなく、日常的な悩みや問題を出し合い、共有し、解決の糸口を探っていく。結果を学校に持ち帰り、情報共有して頂きたい。
  • 本日の研修の心がまえ
    • 教育の情報化に関して管理職の立場で受講
    • 正解があるのではなく、それぞれの現実をmore betterにすることを考える
    • それぞれの問題の解決のためにICTをどのように活用するかを探る
    • 日本ではまだあまりない研修であり、見本は英国にある
導入の活動
  • 事前チェック →アクションチェックシートの記入(3分)
  • ワークシート項目「1.オリエンテーション」と「2.教育の情報化に関する課題」に記入。
    「ワークシートに従って、ビジョンと教育の情報化への期待についてお書き下さい。」


演習1:教育の情報化、多様なICT活用

14:07 ~ 14:40 (33min)

講義1:「教育の情報化の目指すもの」及び「教育の情報化の動向」

日本のICT戦略の説明
2001年から国家戦略として情報化が進められている。
 
1990年代から教育へのICT活用はされていた。
 
指導要領としてはかつて技術家庭の中で初めて位置づいた。
 
教育の情報化が目指すものは?
1)従来の教科学習における授業改善
    良く分かる授業>学力向上
  • 「良く分かる授業」をするための工夫の一助としてICT活用。
  • 技術家庭科だけでなく、従来の教科学習における授業改善にICTを活用。

2)子どもたちに情報教育による新しい資質の育成(情報活用の実践力、情報の科学的
    理解、情報社会に参画する態度)をすることを目的とする。情報処理能力をつけること
    のみを目的としているわけではない。

3)校務の情報化(校務処理の改善、教員のゆとり、子どもに向かいあう時間が増える)
 
教育の情報化の動向や整備目標の達成率、ICT活用指導力の状況調査結果の概況解説。
  • 整備目標にはまだ達していない(機器整備、校内LAN整備等)
  • 教員のICT活用に関する意識調査を引用し、ICT活用の効果に関する観点別評価の情報、客観テストによって明らかになったICT活用効果等を提示。教員は効果を感じている。客観テストでも10点程度の有意差が出ている。
 
新学習指導要領に位置づけられたICTについて。
  • 基本的な操作、情報モラルの習得など、具体的な文言が入っている。
  • 総則には教師によるICT活用を前提とした文言がある。教員による指導方法の一つとしてICT活用が位置づけられている。
ICTを活用した教育活動の具体例提示
  • 特別な道具はいらない。プロジェクタと実物投影機の活用例
  • タイピングスキルを身につける教育活動例。子どもは教えさえすればすぐにタッチタイピングに慣れる。
生徒のICTスキルは環境と教員のスキルに依存。
  • 内閣府調査によるインターネット被害経験について提示。学校だけでの指導は不可能。家庭との協力が不可欠。
校務情報化の効果について
  • 直接的には、校務処理が効率化することによる教員の余裕が生まれる。副次的には、それらの結果として子どもと関わる時間が増える。
国家戦略におけるICT環境達成目標と達成状況の提示。
 
都道府県別のICT整備状況のデータを提示。福岡県としては台数不足。校内LANの整備率も平均値に達していない。
 
教員のICT活用指導力の状況について
 
今後の教室のICT環境について
  • 現状は授業におけるICT活用が進まない理由として「準備時間の不足」「機器の不足」等があげられる。これについては管理職から教育委員会に働きかけ、教育委員会がそれをもとに予算を取りにいかなくてはならない。
  • 若手の教員はICT活用に長けているが授業力が無い。授業力のある先生がもっと活用してくれれば・・・。
  • 大学、PTAなどと連携してICT活用の促進をすることが考えられる
管理職の能力と生徒の成績の関連について
  • イギリスのデータを投影し、これをもとに解説。環境が良くなり、管理職の力量が高いと生徒の学力が上がる。


14:40 ~ 14:55 (15min)

ビデオ視聴1

管理職のための戦略的ICTコンテンツ総論(映像)をみる


14:55 ~ 15:10 (15min)

休憩

ここまでの講義とDVDを視聴して、ワークシート3に記入。



演習2:改革への戦略

15:10 ~ 15:35 (30min)

作業1:課題を共有し管理職としての戦略を考える

<個人作業10分>
まずは個人作業。個人あるいは本校の「課題」と「解決したいこと」を付箋紙に記入。
  • それぞれの学校が課題と考えていること、これから解決していくことを共有。
  • 「課題」をピンク、「対応策」を黄色に記入


    <グループ作業25分>
    課題と解決法をペアにしてグループ化する。
  • 共通の課題として「環境の不足」「教員のICT活用スキルの差」
        「校務効率化ができていない」などが見られた。


  • 15:35 ~ 15:50 (15min)

    ビデオ視聴2

    愛知県での取り組み事例(映像)をみる
    戦略的なビジョンをもってICTを活用した校務改善を行った小牧市の学校の例。

    視聴後、ワークシート4に感想を記入。


    15:50 ~ 15:55 (5min)

    解説:改革のための取り組み

    (1)VISION(ビジョン)
  • 解決すべき問題は何か?
  • ゴールのイメージを明確に持つこと
  • 解決までの時間に見通しを持つこと
  • (2)組織つくり
  • VISIONの共有化のための工夫
        検討会・発信型の研修会
  • 支援体制
        保護者の協力/協力者の養成
  • 管理職の役割は?
  • (3)経費の担保
  • 設備的な予算
        教育委員会(企画と申請)
        研究委託事業の受託
        民間の研究プロジェクトへの参画
  • 運用的な予算
        校費の重点配備
        保護者の協力
        民間の研究プロジェクト


  • 15:55 ~ 16:15 (20min)

    作業2:グループでのビジョン作り

    グループごとに整理した課題を、仮想の学校に適用し、具体的な解決法について、ワークシートの内容をもとに、実現計画を考え、改革への戦略をまとめる。


    16:15 ~ 16:50 (35min)

    プレゼンテーション

    各グループ、2分で改革戦略の発表を行い、講師が講評する。
    各グループの発表から出てきたキーワード:
  • 管理職の持つ問題意識を具体的な行動にブレイクダウンして、教員に義務化する
        ところからはじめる
  • 人的問題、予算問題が大きい。これを括れば、結局のところ予算の問題に集約される。
        管理職として予算を「取りに行く」意識を持って行動することが重要
  • ICT活用の必要性や効果をまずは管理職が認識する
  • など



    まとめと今後の課題

    16:50 ~ 17:00 (10min)

    まとめと今後の課題(レポート・宿題など)

    講師による研修のまとめ
    • 課題を解決するための手立てを管理職がとらなくては解決しない。
    • 戦略的な指導力とは?
      • 学校をリードするビジョンを持っている
      • ビジョンの見直しをスタッフで
      • 良い方法を分かち合う方法と実践
      • ICT活用への理解と問題の把握
      • 現在と将来を見据えたICT活用
      • 長期的に考え、短期的に解決策を
           ビジョン>実現計画>予算
    • イギリスではICT活用の優れた学校に「ICTマーク」を発行している


    宿題

    自分の学校の課題に対し、どう戦略的に取り組んでいくか?A4で2ページ以内のレポート提出が課された。
    レポート課題:
    今回の研修に参加して、気がついたこと、感じたことを事務局までメールにてレポートする


    3分間アンケート記入



    閉会行事





    レポートより
      課題1.今回の研修に参加して、気づいたこと、感じたこと
    • 情報教育の推進に対して管理職としての役割を考え直すことができる良い機会になり有意義であった。
    • このようなワークショップを校内研修で早速実施したい。退職者の活用も考えればよいのでは。
    • まずは授業づくり、授業改善に役立つICT活用について研修会を行い子供がわかったといえる授業作りをめざして教師の意識改革に
          取り組んで生きたいと思いました。
    • ICT活用については各学校・課題・内容・レベルに大きな格差があるように思います。全市的な取り組みによる課題解決が必要で
          あると考えます。
    • 具体的なビジョンがないとICT活用が目的になってしまうということ。あくまでも手段であって目標は教育の充実そのことを職員に
          わからせたい。
    • ICT活用に関する研修会始めての受講でした。大変勉強になりました。ぜひ職場で研修会を今後計画して子どもの学力向上を第一に
          ICTを活用していきたいと思いました。
    • いつの間にか「ICT活用」が広まり進んでいたことに驚いた。「遠い、他国のこと」のように感じでいたところがあったがはっきりいって
          あせってしまいました。
    • 今回の内容をしっかり校長として職員に伝え、できるところから始めていくことが大切だと思った。地域の力を引き上げていく視点が
          大切だと気づかされた。
    • ホームページは両刃の剣である。自分で作れる技術があればよいが毎日HPに時間をさくよりもやるべき事は多い。打ち合わせの
          時間がなかなか取れない毎日なのでメーリングリストの活用は面白いと思ったがすぐに自分でも実行できるかといえば技術が
          ないのが問題である。
    • 情報教育の年間計画を再度見直すとともにICTの位置づけ(どこでどんな活用をすると効果的か)を明確にして全体計画 学年計画を
          作り直したい。
    • 活用すれば効果が上がるがそのための職員の時間の確保と意識改革を図ることが大切だと感じた。意識改革を図るためには現在と
          将来を考えたICT活用リテラシーをどう職員に育成していくかの大切さを感じた研修会であった。

    ページの先頭へ戻る